単行本 し
単行本 し

単行本 し

2017/09/24 

   ☆ 単行本 し

  書 名  著者・編者  出版社  発行年月 
シキ史記(上)春秋戦国篇田中謙二・一海知義朝日新聞社1996.11
 史記(下)(中国の古典シリーズ1)野口定男平凡社1972.11
 史記W 逆転の力学和田武司・山谷弘之/訳徳間書店1988.2
 敷石住居址の研究山本暉久六一書房2002.10
 『史記』と日本人安野光雅・他平凡社2011.2
 『史記』二二〇〇年の虚実平勢隆郎講談社2000.1
 史記「人間学」を読む狩野直禎学陽書房1984.7
 史記の風景宮城谷昌光新潮社1997.4
ジシ地震寒川 旭大巧社2001.9
シセ史跡=綾羅木郷遺跡古川 薫・清水唯夫・他/共著郷土の文化財を守る会1999.3(改訂版)
 史跡 国分寺樋口清之/編人物往来社1968.1
シチ七支刀と広開土王碑(古代史演習)佐伯有清吉川弘文館1977.4
ジツ実在した神話原田大六学生社1966.7
 実在した高天原田中文也梓書院2012.10
シナ信濃考古学散歩藤森栄一・桐原 健学生社1968.8
シバ司馬仲達・覇者の人間学松本一男PHP研究所1988.6
シメしめ縄コードから生れた卑弥呼の鏡大谷幸市彩流社2009.12
シモ下野国の古代文化塙 静夫第一法規出版1981.2
 下野の古代史(上)前沢輝政有峰書店1975.10
 下野の古代史(下)前沢輝政有峰書店1975.12
シュ周旋五千里の国 邪馬台国を探る大山峻峰三一書房1970.12
 集落地理学矢嶋仁吉古今書院1956.
 集落遺構からみた南関東の弥生社会久世辰男六一書房2001.12
 出土史料の古代史佐藤 信東京大学出版会2002.11
 朱の考古学市毛 勲雄山閣1975.1
 朱の伝説邦光史郎集英社1994.12
 修 羅朝日新聞大阪本社社会部/編朝日新聞社1979.11
 春秋時代の戦乱宇都木 章新人物往来社1992.9
 春秋戦国新聞春秋戦国新聞編纂委員会アスペクト1998.7
ショ正倉院裂と飛鳥天平の染織松本包夫紫紅社1984.7
 聖徳太子と鉄の王朝上垣外憲一角川書店1995.7
 聖徳太子と日本人大山誠一風媒社2001.5
 聖徳太子の正体小林惠子文藝春秋1990.10
 諸葛孔明と卑弥呼田中重弘光風社出版1989.6
 食の考古学佐原 真東京大学出版会1996.10
ジョ女王国家小島信一新人物往来社1971.4
 女王卑彌呼と躬臣の人びと徐 堯輝そしえて1987.5
 女王卑弥呼の国鳥越憲三郎中央公論新社2002.10
 女王卑弥呼の祭政空間石野博信/編恒星出版2002.6
 女王卑弥呼の「都する所」上野 武日本放送出版協会2004.10
 上古の復元辻 直樹朝日新聞社1989.5
 上代帝都の史蹟佐藤善治郎三教書院1940.5
 縄文遺跡の復原林 謙作・岡村道雄/編学生社2000.3
 縄文学への道小山修三日本放送出版協会1996.6
 縄文再発見藤田富士夫大巧社1998.6
 縄文式土器藤森栄一中央公論美術出版1969.5
 縄文人と貝塚戸沢充則/編六興出版1989.4
 縄文人の入墨高山 純講談社1969.9
 縄文人の知恵埴原和郎小学館1985.4
 縄文人は飲んべえだった岩田一平朝日新聞社1992.9
 縄文図像学U縄文造形研究会/編著言叢社1989.4
 縄文探検小山修三くもん出版1990.4
 縄文鼎談 三内丸山の世界岡田康博・小山修三/編山川出版社1996.11
 縄文と弥生岡本 勇未来社1998.11
 縄文と弥生をつなぐ神の発見高橋輝雄大和書房1988.12
 縄文土器の型式と層位大村 裕六一書房2011.3
 縄文土器のはなし甲野 勇世界社1953.6
 縄文農耕藤森栄一学生社1970.3
 縄文の宇宙、弥生の世界高島忠平・岡田康博角川書店2000.1
 縄文の衣尾関清子学生社1996.5
 縄文の神話吉田敦彦青土社1987.12
 縄文の世界藤森栄一講談社1969.7
 縄文の湖坪井清足/編雄山閣出版1994.8
 縄文文化と日本人佐々木高明小学館1986.2
 縄文文化と弥生革命林信三郎商工毎日新聞社1970.9
 縄文文明の発見梅原 猛・安田喜憲/編著PHP研究所1995.9
 縄文ランドスケープ小林達雄/編著アム・プロモーション2005.2
 縄文論争藤尾慎一郎講談社2002.12
 徐福集団渡来と古代日本いき一郎三一書房1996.9
 徐福伝説考逵 志保一季出版1991.3
 徐福―弥生の紅桟羅 其湘・飯野孝宥東京書籍1988.8
シラ白川静さんに学ぶ 漢字は怖い小山鉄郎共同通信社2007.12
 新羅の古墳金 基雄学生社1976.5
 知られざる古代水谷慶一日本放送出版協会1980.2
シン秦漢帝国史研究好並隆司未来社1978.3
 真贋論争「金印」「多賀城碑」安本美典勉誠出版2015.9
 親魏倭王大庭 脩学生社1971.12
 新稿 磐井の叛乱原田大六三一書房1973.6
 新稿 日本古代文化和辻哲郎岩波書店1951.5
 新考 邪馬台国への道安本美典筑摩書房1977.6
 辰国残映阿部裕治ブックウェイ2015.1
 新・古事記伝 神代の巻中山千夏築地書館1990.2
 新・古事記伝 人代の巻(上)中山千夏築地書館1990.9
 新古代学の視点辰巳和弘小学館2006.4
 秦始皇陵兵馬俑陜西始皇陵秦俑坑
 考古発掘隊・他/編
平凡社1983.9
 真実の東北王朝古田武彦駸々堂1990.6
 真説一億人の邪馬台国論次郎丸達朗近代文芸社1998.7
 新説:日本人の起源安本美典JICC出版局1990.8
 新説邪馬台国清水正紀徳間書店1979.9
 真説 邪馬台国
 天照大御神は卑弥呼である
安本美典心交社2009.12
 新説 倭国史山本廣一V2ソリューション2011.1
 新撰姓氏録の研究 本文篇佐伯有清吉川弘文館1962.7
 神体山景山春樹学生社1971.10
 新・朝鮮語で万葉集は解読できない安本美典JICC出版局1991.9
 神道からみたこの国の心樋口清之・他徳間書店1995.1
 新発見ニュースによる
 最新「邪馬台国」論争
安本美典産能大学出版部1997.1
 新発見ニュースによる
 衝撃の古代意出雲
安本美典産能大学出版部1997.12
 新版海でむすばれた人々門田誠一昭和堂2001.4
 新版日本文化と朝鮮李 進熙日本放送出版協会1995.3
 新版まぼろしの邪馬臺国宮崎康平講談社1980.1
 シンポジウムアイヌと古代日本江上波夫・梅原猛・上山春平小学館1982.12
 シンポジウム古代日本海文化森 浩一/編小学館1983.7
 シンポジウム三角縁神獣鏡福永伸哉/司学生社2003.5
 シンポジウム鉄剣の謎と古代日本井上光貞・他新潮社1979.1
 シンポジウム日韓古代史の謎朝日新聞社/編朝日新聞社1992.7
 シンポジウム東アジアと日本海文化森 浩一/編小学館1984.9
 シンポジウム邪馬台国石井良助・他/編創文社1966.8
 シンポジウム邪馬台国松本清張・他角川書店1976.4
 シンポジウム邪馬台国が見えた樋口隆康・他/監学生社2001.12
 シンポジウム弥生人の四季橿原考古学研究所
 附属博物館/編
六興出版1987.6
 シンポジウム倭国の源流と九州王朝古田武彦/編新泉社1990.11
 シンポジウム倭人のクニから日本へ鈴木靖民/編学生社2004.8
 新・やまと物語(1)古閑炯作KADOKAWA2015.01.31
 新・やまと物語(2)古閑炯作KADOKAWA2015.01.31
 神話時代肥後和男至文堂1959.8
 神話でない日本古代史野村 宣東方書房1946.12
 神話の旅人小松崎文夫小学館スクウェア2001.8
ジン神功皇后の謎を解く河村哲夫原書房2013.12
 神功皇后は実在した後藤幸彦明窓出版2007.10
 神功皇后を読み解く山田昌生国書刊行会2003.11
 神代三陵に就いて池田俊彦紀元二千六百年
 鹿児島県奉祝会
1940.1
 神代史発掘渡部義任有峰書店新社1994.7
 神武天皇の鏡鈴木一郎西日本新聞社2009.4
 神武天皇は応神帝か市村其三郎新人物往来社1973.2
 神武は呉からやって来た竹田昌暉徳間書店1997.8
 人類の起源ユ・ゲ・レシェトフ/著
・金光不二夫/訳
法政大学出版局1969.11
 人類 ホモサピエンスへの道江原昭善日本放送出版協会1974.10
     
    小計 127冊
トップへ


単行本の部屋
inserted by FC2 system