千葉支部 第8号
千葉支部 第8号

講演会開催のお知らせ(5)

2016/04/17

   ☆ 第5回 講演会 開催のお知らせ!!

 6月5日(日)に第5回 講演会の開催が決まりました。

 今回は、全国邪馬台国連絡協議会の会員発表会で講演をされた伊藤雅文さんをお招きして、講演をお願いしています。

 演題は 「『魏志倭人伝』の新解釈と後世改ざん説」 です。

 邪馬台国はどこにあったのだろうか?

 解決しないのは、『魏志倭人伝』の解釈に過ちがあったのではないか。

 そこで、当たり前とされてきた読み方を別の視点から読み直してみる。

 すると、新しい世界が見えてくる、と伊藤さんは語る。

 伊藤さんが『魏志倭人伝』を分析してたどり着いた邪馬台国はどこにあるのだろう。

 『季刊邪馬台国』の論文募集において敢闘賞を受賞した「伊都国記述に関する新解釈」にその答えがあるのかもしれない。

 それが6月5日に聞けるということらしい。いまから、とても愉しみです。


 つづいて第5回目の勉強会は、「魏志倭人伝」とは? もう一度読み直す(4) です。

 前回の勉強会において、渡邉義浩氏のいう解釈で倭人伝を読み、
 それをもとに千葉支部常連の永田憲行さんが模式図を作成して、
 実際の地図の上に重ねると、なんと、邪馬台国が会稽東冶の東に来たではないか。

 陳寿の記述に矛盾はない。

 今回は、更に試行を進め、実際より拡大されている模式図を実際の地図に重ねるのではなくて、
 実際の地図の縮尺に合せて、模式図を縮小して重ねたら邪馬台国の実際の位置が見えてくるのではないか。

 つまり、長里から短里への変換です。

 ただ、行程の読み方には、連続式と放射式があり、一筋縄では行かない。

 そこで、まず地図上に、倭人伝に出てくる国の2ヶ所を比定する。

 これを、定点にして試行をはじめる。

 うまくいくか、どこを示すか、それでいいのか、みなさんと考えたいと思います。


 この講演会は、入会金も、年会費もありません。

 ご都合のいい時に、当日の資料代の500円だけで、自由に参加できる会です。

 ぜひ、ご参加ください。


 前回の会場の「邪馬台国図書館」では、とても狭かったので、今回は習志野台公民館に部屋を借りました。

 多くの方のご参加をお待ちしております。


     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 邪馬台国の会・千葉支部 第5回 講演会      2016.6.5


◎ 講 演 伊藤雅文(全国邪馬台国連絡協議会・東京支部 役員)

  『魏志倭人伝』の新解釈と後世改ざん説

講師略歴:1959年生、兵庫県出身。全国邪馬台国連絡協議会 会員、全国歴史研究会 本部会員。
     著作『陳寿の記した道里』(2014・ブックウェイ)。
     2015年、全邪馬連会員発表会で「魏志倭人伝の『道里』に関する新考察」を講演。
     同年『歴史研究 第634号』に「魏志倭人伝の『道里』に思う」掲載、
     『季刊邪馬台国』の論文募集において「伊都国記述に関する新解釈」で敢闘賞を受賞。

◎勉強会  笛木亮三

  「魏志倭人伝」とは? もう一度読み直す(4)

     ー・−・−・−・−・−・−・−

日時:6月5日(日) 午後12時〜3時

場所:習志野台公民館 第3集会室
   (船橋市習志野台5−1−1 船橋市立東図書館と併設)

集合:新京成・北習志野駅の改札口に11時30分集合
   一緒に徒歩で行きます(約20分)(会場へ直接でも可)

・参加費:500円(公民館使用料分担と資料代)

みなさんのご参加をお待ちしています!!

             邪馬台国の会 理事 笛木亮三



トップへ

戻 る 千葉支部表紙 HP表紙 進 む
inserted by FC2 system